カテゴリー別アーカイブ: 水野社長

水野義夫プロフィール

水野義夫

(株)ネイルズユニークオブジャパン代表取締役

JNA理事・講師会会長・国際委員会委員長

 

高校・大学時代はラガーマンとして鳴らすが、膝の故障のためラグビーを挫折。

同志社大学卒業後、貿易会社に入社。サンフランシスコに駐在中、「マリネロ・ビューティカレッジ マニキュアリスト科」の夜間部に入学。日本人として初のカリフォルニア州マニキュアリスト・ライセンスを取得後、ロスアンジェルスの「ネイルズユニーク」でサロンワーク修行。「WINBA」世界大会では11年連続審査委員、1989年には審査委員長も務める。

1986年、神戸・北野にネイルサロン第1号店オープンを皮切りに、現在、全国に116店舗のサロン、7校のネイルスクールを展開。名実ともに日本一のネイルサロン経営者。

趣味は車(5台所有)、犬、最近は陶芸(備前焼)にも親しんでいる。座右の銘は「身を沈めてこそ浮かぶ瀬もあり、二歩進んで一歩後退」。

ネイル

ネイルズユニーク水野社長|日本一のネイルサロンに学ぶ⑤

ネイル

ネイル

日本のネイルビジネスもアメリカ並みの巨大マーケットに

「日本のネイルビジネスはアメリカに10年遅れています。全米には37,000軒のサロンがあり、物販売上げを入れれば7,000億のマーケットになっています。今後、日本のネイルサロンも増えることがあっても減ることはありませんよ。」ネイルズユニーク社長の水野氏は語る。
その裏付けは、娘がネイルサロンに行けば、その母も行くようになる。娘が結婚したその子供(孫)も行く…次々と世代をつないでいけばお客さまは順繰りに増えていく。だからこそビックマーケットが予見できるという。
秋にはマニキュアメーカーとして特色ある海外メーカーとの提携で、東京・銀座地区にプロショップ『マニキュア専門販売コーナー』を出店予定。
「ポリッシュの全種全番号を揃えている店がないので、それを実現したい。限定マニキュアとか、ミニチュアセット、手にとって見てみたいじゃないですか」。
日本のネイル産業を牽引するオーナーとして、また新たな挑戦が始まっているようだ。

ネイルズユニークオブジャパンでは、これまでもサロンワークだけに特化せず、店販にも力を入れてきた。
ネイリストの技術の高さはもちろんだが、ネイルを活かすためのアフターケアに役立つ商品の販売も重要と。
信頼するネイリストが勧める商品であれば、お客さまとしても安心して購入できる。技術と接客はあって当り前、それを支える物販の売上げも、技術者の魅力のバロメータでもあることを見習うべきではないだろうか。

ネイルズユニーク水野社長|日本一のネイルサロンに学ぶ④

「日本のネイルサロンは発展途上。まだまだ伸びます」

116店舗のロケーション、その多くはデパートやショッピングセンターだが、ネイルビジネスの草創期に進出していくにはどんな極意があったのだろうか。

「出店交渉は堂々と、正面玄関から行った方がいいですね。それは実績を作るってことですが、名前も何もない時にどうしたかというと、短期のイベントを4回、5回とやってそれを実績にしていました」。

いまや、街やショッピングセンターを活性化するために、ネイルサロンはなくてはならない存在になってきた。

今後の展望を伺うと、「お客さまは確実に増えますから、サロンオーナーはいま、下地を作るいい時期ですよ。絶対に確信があります。お客さまを大切にしながら、一定の距離感を持って、世代のバトンタッチを継続的にしていくといいですね」と、ネイルズユニーク社長は語る。

お客さまも年々加齢していくから、旧来の顧客だけを大切にしていては、いつしか世代のギャップが生まれてしまう。そのためには、新しい(若い)顧客の確保でサロンの活性化を導く必要があるという。